くすり屋前田の「進め!スキンケア道」

富山県の薬剤師、前田がスキンケアの「リアル」をお話しします。

自分の肌にあった化粧品さがし 洗顔編

洗顔後に使用する化粧水の役目は、潤して整えること。

これも肌質や目的によって使い分ける2タイプを揃えていますので、ご自身の肌にあっ

たものとその使用法を見つけられると思います。

タイプの違うローション2種類

保湿と整えることに変わりはないのですが、お肌の求めることに合わせて2タイプござ

います。

お肌に潤いを届けるのに一番適していると判断する、ヒアルロン酸を主成分としたもの

と、水分と皮脂のバランスを整えながら保湿する、アミノ酸を主成分としたものになり

ます。

この2種のローションを上手に使い分けることで、ほとんどの肌質と悩みに対応可能で

す。

いずれも、美容効果を得るための成分はたっぷり、それとお肌をいたわる成分を適切に

配合したシンプル処方が特徴で、お肌に負担をかけるパラベンやアルコールなどは一切

不使用なので、相性という点においてはお肌を選びません。

f:id:kusuriyamaeda:20220118132909j:plain

乾燥肌

常に乾燥・かさつきが気になる場合は、ヒアルロン酸原液を20%も配合したエッセン

スーションMH20をお使いください。

角質にダイレクトかつ充分に水分を送り届けるには、ヒアルロン酸が最適だと考えてい

ます。

他にも保湿効果の高い成分は多くありますが、実績や安全性からヒアルロン酸にたどり

つきました。

使用直後から実感できる、もっちりしっとり感が好評で、90%ものリピートをいただ

人気No.1アイテムです。

適度なとろみのある優しい使用感で、化粧水がしみるという方からも、ご支持を頂いて

います。

乾ききったお肌をオアシスに変える(大げさですみませんが、まさにこのとおりなんで

す)化粧水です。

脂性肌

常にべたつきが気になる方は、洗顔だけですます場合も多く、これは絶対にいけませ

ん。

皮脂の多いお肌は、必ず潤いが足りません。

乾燥がすすむと、それを防ぐために皮脂量が増えるんです。

洗顔で皮脂が洗い流されると、お肌は『こりゃいかん』と猛烈に皮脂を分泌させること

もあるんですね。

すぐに皮脂がお肌を覆ってしまうと、ローションを塗っても、角質層への水分の浸透を

妨げることにもなりますので、ローション選びが重要なんです。

乾燥でおすすめしたエッセンスローションMH20も、多量の皮脂が苦手なんです。

これを簡単に解決するのが界面活性剤で、速攻で肌に浸透することをうたった化粧水で

は、これを使用しているものもありますが、肌刺激を考えると??ですね。

その点、ローションライトMのアミノ酸ポリグルタミン酸、納豆の粘々成分)は、ヒ

アルロン酸にも負けないほど保水力があり、なによりも水と油をなじませる天然の乳化

剤でもあるので、分厚い皮脂もなんのその!!

角質をたっぷり潤わせることができるんです。

また、とろみが少なくサラッとした使用感がとても自然と好評です。

*脂性肌で乾燥も心配な場合、特に30代以降のお肌には、ローションライトMが、な

じんだら(数分です)エッセンスローションMH20を重ねつけしてください。

ポリグルタミン酸が、皮脂による浸透の妨げがない状態にしてくれることで、十分に角

質層潤いを届けることが可能になりますよ。

混合肌(インナードライ)

これは、ローションライトMにお任せください。

エッセンスローションMH20が徹底保湿なら、ローションライトMはバランス保湿、

皮脂と水分のバランスをとりながら、潤いに満ちた角質を育みます。

また、このタイプのお肌は大人ニキビ・吹出物の出来やすいことが多く、バリア機能も

不安定なんです。

まず、健康な角質を取り戻すことが重要で、お顔全体均一に保湿してあげることができ

るローションライトMが最適なんです。

季節や体調による場合(もともとべたつきのない方):たつきが出てきたな?!と感

じたら、今まで使用している化粧水の前に、ローションライトMでお肌を整えることを

お勧めします。

敏感肌

全てのお肌は、ある意味敏感肌といえます。(鈍感肌なんて聞いたことないですし)

また、刺激や異常を感じるのは化粧水が一番多いんです。

なぜか?洗顔後のお肌が一番無防備な状態で使うことと、水系のものが多く、まして界

面活性剤やアルコールなどが入っていれば即悪影響がでます。

クリームのように、油分の多いものは比較的刺激が少ないんですね。

ここで言えるのは、肌刺激の原因となりやすい成分が入っていないことと、あれもこれ

もと多種類の成分が入ったものも、避けた方が無難と思います。

敏感肌用というものもありますが、これはモニター試験で、肌トラブルの発生頻度が一

般的なものより低いというだけで、保証するものではありません。

弊社の製品も、敏感肌でも使えたという方は多いのですが、100%保証することはで

きません。

そこで、お肌との相性を確かめる簡単な方法があります。

パッチテストはご存じですよね?!

新しい化粧品を使う前に、この簡易版で試してください。

バンドエイドのようなものに、化粧水を一滴たらして、腕の内側にはるだけ。

2枚用意し、1枚は30分か1時間で剥がして観察。

もう1枚は翌朝(12時間で充分です)剥がして観察します。

赤みなど異常がなければ、まず問題ありません。

貼ってすぐに違和感がでたら、試験を中止してください。

f:id:kusuriyamaeda:20220118132901j:plain

パッチテストをやっていみたい方は、試したい製品のサンプルを差し上げてます。
↓↓HPのお問い合わせから、お届け先を明記してお申し込みください↓↓
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

アトピーなどがひどい場合

この場合は、積極的なスキンケはお勧めできません。

かかりつけ医とご相談されることをお勧めします。

↓↓また、アトピーの時のスキンケアについては、下記投稿を参考にしてください↓↓

https://kusuriyamaeda.hatenablog.com/entry/2021/09/17/152608

f:id:kusuriyamaeda:20220113180549p:plain

自分化粧品さがしは、難しくありません

肌質・悩みを見きわめて、2種類の洗顔と化粧水を上手に使い分けるだけ。

シンプルですし、なによりもお肌に優しさと効果を両立した処方です。

迷ったらオンラインカウセリングで、お肌に適したおすすめのアイテムと、スキンケア

方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

↓↓↓↓

https://www.product-innovation.co.jp/online/

↓↓ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください↓↓

https://www.product-innovation.co.jp/contact/

次回テーマは、美肌に差がつくクリーム使いがテーマです。