くすり屋前田の「進め!スキンケア道」

富山県の薬剤師、前田がスキンケアの「リアル」をお話しします。

お肌にも熱中症対策

夏の肌はジメジメ汗で潤っているようですが乾燥しています。肌トラブルが起きやすい状態です。肌の内側は水分を失っており、水分と油分のバランスが崩れているインナードライ。ベタつきがいやで保湿が不十分不だと、分泌量がさらに増えて、ますますひどくなってしまいます。インナードライのお肌には、猛暑のときだからこそ保湿を重視したスキンケアが大切なんです。

お肌の熱中症の原因 1 マスク着脱による水分蒸発
マスク内は吐く息により加湿状態になるため、保湿されているように感じます。
でもマスクを外した瞬間に肌の水分が蒸発し、乾燥状態に!

お肌の熱中症の原因 2 夏の過酷な環境
日本の夏は高温多湿と油断していると、いたる所に乾燥リスクが潜んでいます。まずは「エアコン」そして「汗・皮脂」、「紫外線」です。

 

1. 汗・皮脂
汗をかいていると、過剰な皮脂と一緒になってでベとついて、肌が乾燥していない様に思いがちですが、猛暑の中では大量の汗をかくため必要な水分も失ってしまい、お肌内部は乾燥している状態なのです。
2. 紫外線
紫外線は真皮層の細胞にダメージを与え、シミやシワの原因になると同時に、潤いを保つために大切なバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能が低下するとターオーバーが乱れて、角層が厚くなると 汗が引いたときのゴワゴワ肌の原因にもなります。
3. エアコン
冷房や除湿の効いた室内では湿度が低くなりますね。汗が引いてほっとしたのも束の間、乾燥ダメージがどんどん進んでしまいます。

 

こまめな水分補給は鉄則。そして洗顔に一工夫。
私は 過酷な環境におかれた肌を甘やかさない洗顔をしています。お肌は弱酸性ですが、弱アルカリ性の石鹸で肌を洗うと、肌は一時的にアルカリ性に傾きますが、健康なお肌は再び弱酸性へ戻ります。この繰り返しがお肌を鍛えて、バリア機能を強くすることにつながります。
アルカリ性の石けんは酸性の汚れをよく落とす。
気温が高いと皮脂量が増えて、紫外線で酸化、朝と混ざってベトベトに。こんな汚れをアルカリ性の石けんは良く落とします。強い洗浄剤(界面活性剤)に頼らずとも、スッキリさっぱりできる石けんはこの時期手放せせません。

ドクターイノベールの「クリアソープ」は、肌に優しい石けん素地に、保湿成分が肌を潤わせ、肌表面をリピジュアがカバーして潤いをまもります。また紫外線などのストレスを鎮めてくれるゲンチアナ根エキスが、健やかなお肌を守ります。

 

 

クリアソープ詳細 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/drop/#item-109

クリアソープをお試しになりたいなら
ドクターイノベール初めての方限定で、トライルセットプレゼント中です。
今なら本製品ご購入サポートクーポン(2000円割り引き)付きで、皮脂と水分のバランスを取りながらインナードライを改善するローションとべたつきのない使用感が好評のクリームも試せるチャンスです。
詳しくはこちらでご覧ください。お申し込みもこちらからどうぞ
https://campaign.product-innovation.co.jp/

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

 

 

 

 

今回は待ったなしの紫外線対策 サンガードの使いかたにご注意!

梅雨明けのニュースが連日報道されてますね。 発表前から連日猛暑! がりじり日焼対策にはサンガードが手放せませんが、思い違いなどで、間違った使いかたをしていることも多いようです。今回はここだけは気を付けていただたきたいポイントの説明です。

SPF50の落とし穴。
SPF50は 16時間の日焼止めの効果があると信じていませんか? 日焼け止め効果の測定は16時間かけて行うのではなく 1時間弱なんです。そしてSPFの高いサンガードは紫外線吸収剤を使用しているものが多く、紫外線を浴びると吸収剤そのものが化学変化を起こして効果を失います。私は2時間から3時間での塗り直しが必用と考えています。また塗りなおしも重ね塗りはなるべく避けましょう。化学変化を起こした吸収剤がお肌に残るので。敏感肌の方は必ず前のサンガードを落してくださいね。

 

ケミカルフリー(紫外線吸収剤不使用)のサンガードはどうでしょう?
紫外線吸収剤に変わり、紫外線散乱を使用したタイプのもので、肌刺激が少ないことから、敏感肌の方へはおすすめのサンガードです。ただSPFが若干低25~35前後のものが多いようです。吸収剤と違って化学反応によって紫外線をブロックするのではないので、紫外線を浴びても日焼止め効果が落ちることはないのですが、汗などで流れてしまうと、効果が無くなります。洗顔して前のものを落す必要はないので、汗を吸い取ったら重ね塗りしてくださいね。目安としては半日です。またケミカルフリーのサンガードにはもうひとつメリットがあります。吸収剤を使用したものは落す際に洗顔料を使用することになりますが、あまり頻繁に洗顔することは、お肌はに負担をかけることにもなります。

 

サンガード タイプ別使い方のポイント
SPF50は1度塗ったら 16時間日焼けしない と思うべからず。数時毎に洗顔+塗り直しが必要と思うべし。(製品により異なりますので 使用方法をよくみて後使用ください)
*ケミカルフリー(紫外線吸収剤不使用)タイプ汗を吸い取ってお肌が落ちついたら重ね塗り。都度洗顔料を使う必要は在りません。

成分の刺激や塗り直しのことまで考えると、ケミカルフリータイプがお肌に優しいことがわかりますね。また、日常の使い方では SPFと30前後のものと50のものでは大きな差は無いとお考え下さい。炎天下プールサイドなどでは、ウオータープルーフタイプの強力なサンガードが日焼止め効果は確実なのでお肌のコンディションやシーンによって使い分けるのが賢い使い方です。

 

ノンケミカルの肌に優しい ドクターイノベールの日焼止め化粧下地
ラスティングコートはサマーセール対象品です。
是非チェックしてください。
HP https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/protect/#item-115

 

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

綺麗な鼻でマスクオフ マスクで増えた赤ら顔!?

そろそろマスク外せるかな? でもお鼻が心配の方も多いはず、イチゴ鼻・毛穴の開きや黒ずみ、深刻な悩みでは酒さや酒さ様皮膚炎迄様々です。自信をもってマスクオフ出来るよう、美鼻美肌作戦始めましょう。

マスク内の温度が上昇すると皮脂の分泌量が増えます。毛穴も開いて、角栓が貯まりやすい状態に!
さらに、マスクとのこすれによる刺激が肌荒れの原因になってますね。このマスクの刺激が多いのが鼻の頭と、マスクのへりなんです。サイズの合わないマスクをしていると、マスクの輪郭にそってなんとなく赤みがなんて経験をお持ちのはずですね。これから汗をかく時期は特に注意が必用です。汗や皮脂がたまって刺激の原因になります。
マスクの刺激によって いちご鼻だかりでなく、酒さや酒さ様皮膚炎やアトピーが悪化したなんて方も増えたようです。

マスクのフィッティングとまめな交換がおすすめです。
これからはさっと汗を流してさっぱりしたら(毎回洗顔料を使う必要はありません、洗顔料を使うのは1日3回がマックスと思います)、マスクも変えちゃいましょう。最近は価格も安くなっているので、負担にはならないですね。
それと大切なのはマスクのサイズ フィット感です。圧迫無く口と鼻をすっぽり覆ってくれるものをさがして、ご自分のお顔に合うものを見つけてください。小さ目で圧迫感のあるものは最悪です。
深刻な肌悩みのある方もこの方法をおすすめして少しずつ良くなったとお声を頂いています。
もちろん基本のスキンケは忘れずに!脱苺鼻のスキンケアについては過去記事を参考にどうぞ  https://kusuriyamaeda.hatenablog.com/entry/2022/04/26/173606

 

マスク生活で増えた 赤ら顔
赤ら顔を来す疾患に酒さ、酒さ様皮膚炎、脂漏性皮膚炎などありますが、いずれもスキンケアだけでは改善しません。信頼のおけるクリニックの正しい診断と治療が第一優先です。とはいえスキンケアにも出来ることがあります。まずは紫外線対策です。日光を浴びないことが一番ですが、そうもいきませんね。肌に優しい「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」日常生活ならSPF30・PA+++ほどのサンガードで紫外線対策はしっかり行うこと。また、お肌の状態が悪いときには、石けんで落しやすい「パウダータイプ」がおすすめですが残念ながらドクターイノベールにないんです・・・ ノンケミカル・無添加の化粧下地タイプがございますので(肌には優しいですよ)ご希望があればテスターでお肌との相性をご確認いただけます。
もう一つ大切なことがあります。酒さの方は、深刻な乾燥ではない場合もあり、乾燥が心配なあまり油分の多いクリームを使うと逆効果となることも。主治医とよく相談の上、スキンケアの方針も決めてください。
この赤ら顔対策でも フィットするマスクとまめな交換は悪化を防いで回復を助けてくれると思います。
マスクのヘリと鼻の頭の赤みが目立つような?というご相談が増えました。
焦らず・ケチらず・面倒くさがらずです。
最後に頼れるのが 肌活と菌育です、トラブルの起きている肌は、肌の自己回復力が落ちて、美肌菌のバランスが崩れているものです。これも過去記事で取り上げているので参考になさってください。
菌育 https://kusuriyamaeda.hatenablog.com/entry/2022/06/07/094957
肌活 https://kusuriyamaeda.hatenablog.com/entry/2022/06/09/175022

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

梅雨時 お肌のベタつきやテカリはこれで解決 今回はプレゼントも!

この時期増えるお肌の悩みが ベタつきやテカリ といったお悩みです。

この原因は皮脂。6月~7月の梅雨の時期は皮脂の分泌量が年間で最も多くなるんですね。 

簡単・爽快スキンケアで快適な毎日を!

また、おすすめスキンケアのビッグプレゼントもあります。

      

分泌直後の皮脂は透明でサラサラですが、時間がたつと酸化や汚れを吸着してベトベト

してしまうのです。

この酸化して汚れた皮脂が、ベタつきやテカリを引き起こすばかりか、毛穴を詰まらせ

る原因にもなります。

ニキビなどもできやすくなってしまいます。

私はこの時期、「ドクターイノベールのクレンジングジェル」を使います。皮脂汚れや

毛穴まですっきり洗浄して、あとの洗顔不用なので手間いらず。

もう一つ必ず「ローションライトM」というアミノ酸系の化粧水で肌を整えます。

皮脂の分泌が多いということは 肌内部は乾燥しているインナードライのサインでもあ

り、お肌の不調を招きます。

ポリグルタミン酸が主成分のこのローションは、皮脂と水分をとりながらお肌を保湿し

て、ベタつきもないのでこの時期最高のコンビネーションなんです。

 

       

クレンジングジェルとローションライトM 名コンビお試し 今だけのプレゼント企画

です。

この最高コンビの良さを実感していただきたいから、7月末までの期間限定先着10名様まで

「クレンジングジェル(税抜1,800円)」をご購入いただくと、なんと、「ローション

ライトM(税抜3,000円)」(おひとり様1回 1本とさせていただきます。)をプレゼ

ントします。

一度使っていただければわかります。

リピート続出の大人気スキンケアなので、是非このチャンスにお試しください。

ドクターイノベール 公式ウエブマートの注文画面で クレンジングジェルをカートに

入れてから 注文備考欄に 「ブログを見た」 とご記入ください

ローションライトMをお付けしてお届けします。

         

クレンジングジェル詳細

 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/drop/#item-108


ローションライトM詳細

 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/adjust/#item-103


公式ウエブマート  https://www.innoveil.shop/

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

 

 

なんか肌の調子が悪い 毎日の「肌活」見直してみませんか。

肌活は特別なものではありません。
お肌を健康的な状態にするために、スキンケアだけではなく、お肌のための良い生活習慣をとり入れて行くことが肌活です。内容をみると 「なんだ当たり前のことでしょう。」となるかもしれませんが改めて整理してみます。美肌の達人は 肌活とスキンケアを上手に組み合わせて実践してます。

美肌に通じる よい生活習慣の基本3要素。
① 規則正しいバランスのとれた食事。
② 十分な休養と適度な運動。(重要)
③ ストレスフリー。
お肌にとっての基本3要素なにかを紐といていきましょう。

 

① 規則正しいバランスの取れた食事。
お肌が常に求めているビタミンがあります。抗酸化のエース A・C・Eと 肌荒れなどを改善すビタミン B2やB6 の豊富な食材を使ったメニューが良いですね。一般的な日本人の食生活で、少し気を使えば十分と思います。なんにしても偏食はいけません。
お肌に直接与える栄養素(スキンケア)も朝晩とか1日1回でもいいので、欠かさず続けましょう。人は食抜いても、おなかがすいた・・・ ですむかもかもしれませんが、スキンケアを1回パスすることによるお肌のダメージが大きいのです。

② 十分な教養と適度な運動。
人の休日はお肌も休日。お肌を休ませるにはノーメイクが一番。洗顔~保湿~保護までの基本的なスキンケア後の ノーメイクの時間がお肌にとってのくつろぎの時間です。この休息時間中に、美肌を保つ肌の基礎体力が回復します。平日も帰宅したら面倒がらずにメイクはしっかり落しましょうね。
次に 肌にとっての適度な運動って? 肌の働きは バリア機能が潤いを守り、外部刺戟から防ぐと同時に、汗、皮脂、などを、常に排泄しています。この肌の機能に負担をかけることなく、怠けさせないことが、適度な運動になります。そのためにはまったく汗をかかなキンキンに冷えた部屋にこもってはいけません。適度に汗をかくことはいいことなんです。またバリア機能=皮脂膜をつくる働きを刺激してあげることが効果的です。これには弱アルカリ性の石鹸が効果的。一時的に弱アルカリにかたむくと、肌が弱酸性に戻るための中和能力によって、新しい皮脂が分泌されてバリア機能が回復します。 弱アルカリ性の石鹸で洗ってもきちんと弱酸性に戻ります。これをくり返すことが肌のエクササイズになります。弱酸性の環境に慣れてしまうと、お肌も怠け癖がつくんですね。お肌の元気がないときは石けんでの洗顔を試してください。これには優しさ・潤いを兼ね備えた ドクターイノベールのクリアソープをお勧めします。

③ ストレスフリー
お肌にとっての一番のストレスは 紫外線。極端な温度や湿度の変化も大きなストレスです。これから夏のシーズンはエアコンの使いかたにも注意が必用。またマスクによる刺激も大きなストレスです。これらは紫外線対策や日常の保湿ケアが肝心。また私たちが日常感じるストレスも肌の不調に直結します。ストレスがたまると、ホルモンバランスが乱れ、肌をきれいに保つ女性ホルモンの分泌に影響します。毛穴が開き気味になり、皮脂が増加することで、ニキビもできやすくなります。
人も肌もノーストレスが美肌の条件です。

クリアソープ詳細 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/drop/#item-109

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

ホームページ https://www.product-innovation.co.jp/

顔の善玉菌を元気にして美肌環境向上

顔も腸内環境と同じです。
顔の皮膚にも善玉菌と悪玉菌がいて このバランスが崩れるとお肌の不調やニキビなどのトラブルが出やすくなります。なんか肌の調子がすぐれない時はお顔の菌のバランスが崩れているのかも知れません。皮膚の「育菌スキンケア」についてご紹介します。頑固なアトピーにも育菌はおすすめです。


代表的な顔の菌

1「善玉菌」
美肌にとって大切な菌です。
代表的な菌:表皮ブドウ球菌…最も多く存在しており、お肌の潤いを保ち、アトピーを引き起こす菌をやっつけたり、外からの有害なものの侵入を防ぎます。
2「中立?菌」
皮膚上の善玉菌と悪玉菌のバランスにより、善にも悪にもなる菌。
代表的な菌:アクネ桿菌…普段は肌を弱酸性に保って守る働きをしていますが、免疫の低下や皮脂の増加によって、毛穴の中で増殖してニキビを作ってしまいます。
3 「悪玉菌」
肌トラブルの原因となる菌
通常は無害ですが、菌のバランスが崩れると、かゆみ・肌荒れ・アトピー性皮膚炎の原因となります。善玉菌の表皮ブドウ球菌が減るとアルカリを好む黄色ブドウ球菌の増殖につながります。
背中ニキビで登場したマラセチアも悪玉菌です。

 

顔の育菌の基本は洗顔です。
菌育には石けんがいいとか、合成の界面活性剤はNGとかよく耳にします。皮脂や顔の善玉菌まで洗い流さないこためにこのような理屈が成り立っているわけですが、要は洗顔料の選び方と洗いかたです。石けんといえども、皮脂や善玉菌を洗い流すことには変わりは在りませんし、根こそぎとってしまう洗い方をしないことが一番重要です。ぬるま湯で洗顔料を充分泡立てて、ゴシゴシ洗いはせずに、洗顔料が顔に残らない洗い方ができていれば、肌への優しさを考えたフォーム系の洗顔料でも問題無いと考えますので、正しい洗願方法で好みの洗顔料でいいはずです。それより気を付けたいのは、洗いすぎです。一日に何度も洗顔すると、お顔の菌が育つ暇が無くなります。汗をかく時期には頻繁に洗顔したくなりますが、昼間、汗をサッパリ流したい時には 水かぬるま湯で流せばいいんです。それと石けんとフォームを使い分けるのも効果あり。朝は石けん・夜はフォーム、または休日は石けんといった具合です。

 

まとめるとこうなります。

☆ 1日に何度も石鹸などでで顔を洗うことは避け、さっぱりしたいときは、水で流すぐらいにしましょう。
☆ 菌ゆえに 殺菌成分はNGです。
アルコール除菌シートなどはもってのほか、皮膚常在菌は生きている菌です、殺菌成分はNG!
☆ 洗顔はすべて石けんに変えなくても、たまには(特に休日)石けん洗顔をおすすめ。
☆ あとは肌活編で申し上げたような日常生活の注意です。

 

クリアソープ詳細 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/drop/#item-109

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/

なんか肌の調子が悪い? 知っておきたい肌活と顔の育菌。

酷くないけど ニキビや吹出物がでるし 肌の色つやがぱっとしない。
誰しも経験ありますね。いつもと同じようスキンケアをしてても、何とななくお肌の調子が悪いと感じるとき。美肌を保つお肌の力が落ちてしまう原因や、日常で気を付けることなど、美肌を支えるお顔の菌について、お話ししていきます。今回は肌活と育菌の大切さです。

 

 

お肌は体の一部です。お顔だけのケアでは健やか美肌は得られません。
健やかな体があってこその美肌です。体調が悪いときは、どんなに優れたスキンケアでも、お肌の調子を取り戻すことは困難。お肌は健康の鏡とも言えますね。また、お顔も腸内環境と同じで、善玉菌と悪玉菌がいて、このバランスが崩れると、ニキビやアトピーなどのトラブルが増えてきます。日常生活で体調を整えて、顔の善玉菌を増やしてあげることで、肌の基礎体力がグンとアップします。

 

肌活とお顔の育菌で 敏感・トラブルの悩みから解放。
毎日の肌活とお顔の菌育を行うことで得られる効果は素晴らしいものです。
① ニキビ・肌荒れ・アトピー等のトラブルの起きにくい健やかなお肌になる。
② 日頃のスキンケアの効果もグンと上がり、潤いと美肌を保ち続けます。
③ 若さを保つ お肌の基礎体力 が強化されます。
正直 化粧品だけでは難しいことも事実。高価なスキンケアにできなかったことが実現するって、嬉しいですね。

日常生活の改善とちょっとした注意が 肌活と育菌に効果的。
体調が悪いときには、ストレスの緩和・規則正しいバランスのとれた食事や十分な休養が大切ですね。また腸内環境が乱れているときは 善玉菌を増やす食物繊維や乳酸飲料などをとることを心がけます。次回はお肌のための生活改善を中心にお話しを進めていきます。

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
お問合せ https://www.product-innovation.co.jp/contact/