くすり屋前田の「進め!スキンケア道」

富山県の薬剤師、前田がスキンケアの「リアル」をお話しします。

お肌にも熱中症対策

夏の肌はジメジメ汗で潤っているようですが乾燥しています。肌トラブルが起きやすい状態です。肌の内側は水分を失っており、水分と油分のバランスが崩れているインナードライ。ベタつきがいやで保湿が不十分不だと、分泌量がさらに増えて、ますますひどくなってしまいます。インナードライのお肌には、猛暑のときだからこそ保湿を重視したスキンケアが大切なんです。

お肌の熱中症の原因 1 マスク着脱による水分蒸発
マスク内は吐く息により加湿状態になるため、保湿されているように感じます。
でもマスクを外した瞬間に肌の水分が蒸発し、乾燥状態に!

お肌の熱中症の原因 2 夏の過酷な環境
日本の夏は高温多湿と油断していると、いたる所に乾燥リスクが潜んでいます。まずは「エアコン」そして「汗・皮脂」、「紫外線」です。

 

1. 汗・皮脂
汗をかいていると、過剰な皮脂と一緒になってでベとついて、肌が乾燥していない様に思いがちですが、猛暑の中では大量の汗をかくため必要な水分も失ってしまい、お肌内部は乾燥している状態なのです。
2. 紫外線
紫外線は真皮層の細胞にダメージを与え、シミやシワの原因になると同時に、潤いを保つために大切なバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能が低下するとターオーバーが乱れて、角層が厚くなると 汗が引いたときのゴワゴワ肌の原因にもなります。
3. エアコン
冷房や除湿の効いた室内では湿度が低くなりますね。汗が引いてほっとしたのも束の間、乾燥ダメージがどんどん進んでしまいます。

 

こまめな水分補給は鉄則。そして洗顔に一工夫。
私は 過酷な環境におかれた肌を甘やかさない洗顔をしています。お肌は弱酸性ですが、弱アルカリ性の石鹸で肌を洗うと、肌は一時的にアルカリ性に傾きますが、健康なお肌は再び弱酸性へ戻ります。この繰り返しがお肌を鍛えて、バリア機能を強くすることにつながります。
アルカリ性の石けんは酸性の汚れをよく落とす。
気温が高いと皮脂量が増えて、紫外線で酸化、朝と混ざってベトベトに。こんな汚れをアルカリ性の石けんは良く落とします。強い洗浄剤(界面活性剤)に頼らずとも、スッキリさっぱりできる石けんはこの時期手放せせません。

ドクターイノベールの「クリアソープ」は、肌に優しい石けん素地に、保湿成分が肌を潤わせ、肌表面をリピジュアがカバーして潤いをまもります。また紫外線などのストレスを鎮めてくれるゲンチアナ根エキスが、健やかなお肌を守ります。

 

 

クリアソープ詳細 https://www.product-innovation.co.jp/cosmetics/drop/#item-109

クリアソープをお試しになりたいなら
ドクターイノベール初めての方限定で、トライルセットプレゼント中です。
今なら本製品ご購入サポートクーポン(2000円割り引き)付きで、皮脂と水分のバランスを取りながらインナードライを改善するローションとべたつきのない使用感が好評のクリームも試せるチャンスです。
詳しくはこちらでご覧ください。お申し込みもこちらからどうぞ
https://campaign.product-innovation.co.jp/

 

迷ったらオンラインカウセリング  https://www.product-innovation.co.jp/online/ で、お肌に適したおすすめのアイテムとスキンケア方法をご案内していますので、お気軽にご利用ください。

ご質問や試してみたい製品があれば、こちらからお気軽にお申し込みください。
https://www.product-innovation.co.jp/contact/